7月20日、選挙最終日、揮毫、GLA、原田事務所、街宣、マイク納め

原田候補のマイク納めで

午前中は、妻に手伝って貰って揮毫に取り組み、11時ころに妻が立憲民主党公認・野党統一候補の原田謙介さんの選挙事務所に出掛けた後も、さらに揮毫の仕上げをしました。14時半前に出て妻と落ち合い、15時から1時間強、GLAの集会に出席し,さらに所用を済ませて17時前に原田候補の選挙事務所に寄って、最後の踏ん張りを見せている皆さんを激励しました。

原田候補の選挙事務所で

18時前に妻を残して選挙事務所を後にし、法律事務所に瞬間だけ立ち寄り、街角ライブを横目に見ながら、岡山駅東口の原田候補の野党統一候補としての最終街宣スポットに着きました。さすがに選挙戦の時間切れ寸前の岡山市中心部で、選挙区の相手候補や比例区候補の選挙カーが入り乱れ、街宣スポットにも他の候補者が来て街宣を始めましたが間もなく終わり、19時15分過ぎから原田陣営の街宣を始めました。まずおかやまいっぽんの吉岡康祐さんで、各党代表の挨拶と続き、立憲民主党の高井崇志さん、国民民主党の津村啓介さん、日本共産党の植本完治さんと社民党の宮田好夫さんがそれぞれ短く勢いよくハイテンポで話し、最後に原田候補が元気一杯に若さを際立たせました。

街角ライブは横目で
原田候補到着
おかやまいっぽんの吉岡さんから
原田候補の挨拶と各党代表

その後、駅西口に移動して直ぐに、19時半から原田候補の選挙カーが到着して、最終街宣とマイク納めが始まりました。既に薄暮を過ぎて周りを確認できませんが、これまでのその最終街宣よりも多い人が集まり、二階広場の手すりも人で埋まっていました。まず高井さんから始まり、津村さん、柚木道義さん、連合岡山の金澤稔会長と続き、私も指名されてかりゆし姿で憲法12条の「国民の不断の努力」を引用して檄を飛ばして原田候補にマイクをバトンタッチしました。

まず高井さん
津村さんに柚木さん
私も憲法12条を

原田さんの最終挨拶は、17日間の活動を締めくくるに相応しく、固い決意に溢れ迫力に満ちた演説で、大きな共感を呼びました。最後に全員でハラケンコールを行い、余韻を残しながら20時を迎えました。その後、原田候補は24時まで肉声で訴え続ける決意で、倉敷の天領祭りへと向かいました。

原田候補の決意
ハラケンコールへ
頑張るけん‼
余韻を残して

妻と私はその後、私の竹馬の友らの溜まり場となっているお好み焼き屋「番町文庫」で夕食を済ませました。

番町文庫で夕食