7月21日、参院選投票、ピアノ、同開票

敗北報告

午前中は町内の所用や来客応対などがあり、12時過ぎに妻とともに参院選の投票に行きました。報道によると、全国的に朝の投票率は前回よりもかなり下がっているようで、心配です。

投票

13時に妻と出て、14時から2時間ほど、孫のももちゃんのピアノ発表会に行きました。小中学生でかなり弾ける子どもたちばかり10人で、ブルグミューラーからショパンまで、立派に弾きこなしている子もいて、感心しました。最後に指導に当たってくれた寿明義和さんのベートーベンのソナタ第23番「熱情」を最前列で聞き、素晴らしい演奏に体も心も震えるようでした。

ももちゃんのピアノ
寿明さんの「熱情」

その後、自宅に戻って夕食を食べ、19時半前に妻とともに出て立憲民主党公認・野党統一候補の原田謙介候補の選挙事務所に行き、開票を見守りました。20時に投票が終了するや否や、開票速報が始まり、直ちに岡山で自民候補の当確が出ました。目を疑いましたが、これが現実で、間もなく原田候補が到着して報告会が始まり、石田篤史後援会長、高井崇志選対本部長に続き原田候補がマイクを持って、力不足の結果をお詫びし、ここでこの取り組みを終わるわけにはいかないと、引き続きの支援をお願いしました。続いて多くのテレビカメラの砲列の前で共同記者会見があり、原田候補が皆と握手をして回った後に津山事務所にむけて出て行きました。

テレビカメラの砲列
高井本部長
ここで止めるわけにはいかない
共同記者会見

参院選の結果はまだ全ては出ていませんが、何より問題なのは大変な低投票率で、5割を大きく割り込み、日本の民主主義の危機的状況を示すことになりました。