1月30日、ノージィさん、漆画展、20期2組、帰岡

司法研修所クラス新年会

10時半過ぎにチェックアウトし、11時前から1時間強、オーストラリアから上智大学のグローバル・スタディーズ研究科に来ている研究生のジェイク・ノージィさんのインタビューを受けました。テーマは1990年代初頭の政策集団シリウス立ち上げのころのことで、私の記憶はかなり朧になっていますが、内部で関わっていたものにしか分からないことを、おぼつかない英語で絞り出しました。

ノージーさんのインタビューに
英語でやり取り

その後、日中友好会館美術館で開催中の「漆×絵画のハーモニー」という蓮福美術館所蔵の中国漆画展を拝見しました。短時間でしたが、なかなか迫力のある漆画が多数展示されていました。

漆画展

次に12時半から2時間ほど、司法研修所20期2組の新年会に出席しました。刑事裁判の石松竹雄教官が昨年他界され、クラスの全ての教官が幽明異にすることとなりました。クラス仲間も既に20人ほどが逝ってしまい、弁護士登録を抹消したものも多く、それでも10人が集まりました。冒頭に石松教官に献杯をし、和やかな時間を共にしました。

石松教官に献杯

最後に記念写真を撮り、井上哲夫さんと一緒に東京駅に行き、15時過ぎの新幹線で帰岡しました。