10月21日、暖ちゃんリサイタル、高原県議のつどい、魏教授ら

投稿日:
高原県議のつどいで乾杯!

午前中は自宅でゆっくりし、13時過ぎに妻と出て、ももちゃん、一生君とママを誘い出して、岡山大学医学部構内のホールで行われる青山暖(のん)ちゃんの13歳のヴァイオリン・デビユー・リサイタルに行きました。ちょっと早めに着いたのですが、既に満員で、14時開会時には超満席となりました。

リサイタル会場は満員

暖ちゃんはすっかり大人の風貌になり、ヴァイオリンの技巧も音色もまさに天才少女となりました。モーツァルトのヴァイオリン ソナタ ト長調、パガニーニのカプリス第24番、グリーグのヴァイオリン ソナタ第3番を弾いて休憩となり、後半はイザイの無伴奏ヴァイオリン ソナタ第3番、ショパン~ミルシティン編のノクターン第20番遺作とワックスマンのカルメンファンタジーでした。終わって暖ちゃんがお礼の挨拶をし、アンコール曲を弾いて閉会となりました。大成功のデビューでした。

暖ちゃん
演奏
挨拶

終了直後に飛び出し、タクシーで次の会場に駆け付け、16時から2時間、高原俊彦県議の県政報告会「爽秋のつどい」に出席しました。高原県議は、立憲民主党岡山県連合の代表代行です。藤原薫子倉敷市議の司会で開会し、まず後援会副会長の森本栄さんが挨拶し、伊原木隆太岡山県知事、金澤稔連合岡山会長と続き、高原県議が県政報告を兼ねて来春の県議4期目挑戦に向けた決意表明を行いました。

藤原薫子市議の司会で
森本さんの開会挨拶
伊原木県知事の挨拶
高原県議の決意表明

そこで私が指名され、立民党の立場と野党結集に関する考え方を述べながら挨拶をして乾杯の音頭を取り、懇談に入りました。その後、国会議員として立民党県連代表の高井崇志さん、国民の津村啓介さんと無所属の柚木道義さんが挨拶し、県議、市議、大森雅夫岡山市長、高原県議の居住する学区連合町内会の皆さんの挨拶が続き、最後に小野田後援会副会長の音頭で頑張ろう三唱をして、お開きとなりました。

乾杯前の挨拶
会場全景
国会議員の挨拶
市議の皆さん
大森岡山市長
連合町内会の皆さん
頑張ろう三唱音頭
頑張ろう三唱!

その後、近くの喫茶室でお茶をしていた妻と上海にある同済大学の魏鈾原教授らと合流して、短時間の懇談をしました。夕食後は、明朝からの訪中準備です。

魏教授らと