7月30日、親知らず、高校野球、事務所

投稿日:
親知らずの治療

最近、右下の一番奥の歯、つまり親知らずの一本に、どうも穴が開いたような気がするので、思い切って歯科医に連絡を取ったら、直ぐ来いということで、10時半ころに伺いました。「案ずるより産むがやすし」ということなのか、私の歯は「150歳まで大丈夫」とのお墨付きをいただき、若干の治療で事なきを得ました。

事なきを得て

そんなこんなで午後になり、テレビで高校野球の岡山での決勝戦の中継が始まってしまいました。創志学園と学芸館との試合ですが、どちらも比較的新しい私立高校で、のめり込むことにはなりません。私は母校の「朝日高校野球部を甲子園に送り出す会」の会員なのですが、幸か不幸か、半永久的に目的達成で解散ということにはなりそうになく、今日の応援は気楽でした。

その最中に、東京から週刊誌記者の電話取材があり、つい安倍首相批判に力が入ってしまいました。

15時半ころに結果が見えてから出て、16時前に法律事務所に入り、2時間強、デスクワークや電話連絡をしました。