7月27日、クマゼミ、取材、水害質問、夕食会

十六年会

午前中は台風12号の報道を見ながら、自宅で過ごしました。昼過ぎに玄関先を見ると、セミの死骸が転がっていました。クマゼミで、この近辺にいるセミの中では体格も鳴き声も一番大きく、子どものころはシャーシャーと呼んで、これを捕虫網で捕まえると鼻高々でした。

クマゼミの死骸

13時過ぎに出て所用を済ませ、14時に法律事務所に入って2時間強、新聞記者の取材を受けました。平成を回顧する特集の紙面を作るとのことで、特に政権交代について、様々な角度から取材されました。私は、細川内閣の時も民主党政権の時も、かなり重要な立場で政権交代に関わってきました。

政権交代につき取材

その後、若干のデスクワークを済ませて帰宅し、古い資料を見ていると、偶然にも最初の参議院議員時代の私の委員会質問の記事が目に留まりました。局地的豪雨災害に関する質問でした。

古い質問の記事

18時半前に出て、19時から2時間、十六年会の定例会に出席しました。昭和16年生まれの7人が食事を共にする会で、今日は全員出席でした。