4月29日、昆明自由市場、麗江へ、東巴博物館、黒龍潭、夕食会

東巴文化博物館で

8時過ぎに朝食を食べ、9時半にチェックアウトして昆明市内の自由市場の視察に出掛けました。日曜日で連休ということもあってか、張大賑わいで、野菜、果物、魚、肉など地元のものが数限りなく並べられ、椿の芽、山羊の丸焼き、川魚に蛙等々、興味は尽きませんでした。

朝食
西瓜
漢方
バラの花びら
山羊

11時前に切り上げて昆明長水空港に向かい、12時から1時間弱、空港内で昼食を食べ、13時20分の便で麗江三義空港に飛び、1時間で到着して麗江市内に移動し、15時半過ぎに麗江官房大酒店の花園別荘にチェックインしました。雲南省自体が観光資源に恵まれていますが、特に麗江は東巴文字で知られる納西(ナシ)族など少数民族の居住地域で1997年に世界文化遺産に登録され、年間4000万人の観光客が訪れるそうです。

昆明長水空港
空港で昼食
麗江三義空港
空港待合室で

16時にホテルを出て東巴文化博物館に行き、1時間ほど展示資料を見て回りました。象形文字で、日本でも文字の存在は知られていますが、この文字で営まれた人々の生活や文化は、私は全く知りませんでした。その後、隣接の黒龍潭公園を散策し、17時半にホテルに戻りました。

東巴文字のスローガン
東巴文字の碑
納西族の衣装
納西族の生活
黒龍譚公園で
公園入口で

ホテルで若干のデスクワークをした後、18時半から30分弱、麗江市の金振輝副市長ら幹部の皆さんと会談しました。玲講師は日本の高山市と姉妹都市で、熱心な交流をしているそうです。その後、金副市長主催の歓迎夕食会となり、おいしい食事と楽しい会話であっという間に2時間が過ぎました。夕方から雲が出てきて、一時は土砂降りとなり、雨が上がった後は気温が下がってきました。

金副市長らと会談
記念写真
夕食会で乾杯