4月30日、玉龍雪山、昼食、「印象・麗江」、藍月谷、束河古鎮、夕食

投稿日:
玉龍雪山の展望台で

朝食を済ませて9時に集合し、マイクロバスで玉龍雪山に向かいました。広大な松などの林を抜けてひたすら真っすぐに走り、10時前に標高2000メートルほどから3356メートルのロープウェイ乗り場に着き、携帯用の酸素吸入器を携えて、かなりの高速で動く8人乗りの乗り物で4506メートルまで登りました。外は雪で冷え込み、時々見える下界には雪の中でシャクナゲなどが咲いていました。降りしきる雪の中で展望台の雰囲気を楽しみ、傘の先で雪の上に「玉龍」と書いてみたりしました。さらに100メートルほど登山道があるのですが諦め、再びケーブルカーで下山して、12時前から「雪厨」という大きなレストランでヤクの肉と豊富な野菜のしゃぶしゃぶで昼食をいただきました。

ロープウェイ乗り場で
乗り物
酸素吸入器
観光客で一杯
「玉龍」
雪の登山道には行列
昼食はしゃぶしゃぶ

13時に移動して、張芸謀(チャン・イー・モウ)の演出による「印象・麗江」を鑑賞しました。標高世界一の露天実演の壮大なミュージカルで、酒席の賑わいと恋の悲劇をテーマに少数民族の生活を描いた名作です。13時半に開演し、70分の間、地元の人々500人が、乗馬、器楽演奏、大コーラスなどで熱演し、雨の中でカッパで鑑賞した満員の観客を感動の渦に包みこみました。ほかに張監督によるものは「印象・西湖」と「印象・桂林」があり、私は西湖のものも見たことがあります。

「印象・麗江」の露天劇場で
少数民族の酒席
客席にも来て歌い
そして踊り
山も姿を見せ
終幕へ
感動の時を終えて

次に、15時ころに藍月谷に着き、移動するマイクロバスの中から豊かに流れる水の紺碧のグラデーションを楽しみました。河畔では、結婚式を挙げたばかりのカップルが何組も見えました。16時ころから1時間半ほど、束河古鎮を散策しました。かつて「茶馬古道」という街道があり、交易の中継所として栄えた街並みで、英国のパブ風の店でお茶にしました。

紺碧のグラデーション
上流も人の波
ヤクと新婚さん

 

束河古鎮の入り口で
踊りの輪に入り
茶馬古道の跡
水路脇で
お茶に
英国風のパブ
案内の曾君と
至るところに東巴文字
「笑」

18時前にホテルに帰り、18時半過ぎから20時過ぎまで、今回の旅行の8人組で夕食をいただきました。雲南料理で、毎回のことですが超満腹になりました。

夕食