4月28日、上海へ、昼食会、取材、昆明へ、夕食

雲南省の7人チームで夕食

6時に起床すると、雲一つない快晴。朝の陽光に、中国由来の白松の新芽が勢い良く輝いていました。7時前に妻と出て岡山空港に向かい、8時前に難波奨二さんらと落ち合って手続きをし、まず朝食の後、9時過ぎの便で一緒に上海に飛びました。今日から4泊5日の中国旅行で、暫くフェイスブックは使えません。

朝陽に輝く白松
岡山空港で

2時間半弱の飛行と1時間の時差で、現地時間の10時半ころに上海浦東空港に着き、中日友好協会の王占起副秘書長と曾広明君の出迎えを受けて入国手続きを済ませ、12時から空港近くのホテルで上海市人民対外友好協会主催の歓迎昼食会に出席しました。景瑩副会長が歓待してくれ、おいしい料理と楽しい会話で瞬く間に2時間が過ぎ、空港に戻りました。私たちがみな岡山からということで、故・江草安彦さんが上海に残された偉大な足跡で話が盛り上がりました。

上海浦東空港で
歓迎昼食会
乾杯!
プレゼント交換は烏城彫り

14時過ぎから30分強、上海の「解放日報」の取材を受け、日中関係の現在と今後の在り方につき包括的な質問を受け、中国側にも注文を付けながら、率直に答えました。

取材

15時過ぎに次の便の搭乗となり、3時間半弱の飛行の間に現地の新聞を見ると、昨日の南北首脳会談が興味深く報道されていました。

南北会談の報道振り

18時半過ぎに昆明長水空港に着き、雲南省人民対外友好協会の李暁娟さんらの出迎えを受け、19時半ころに空港を出てホテルに向かい、20時半過ぎから日本からの4人と中国側3人で夕食となりました。雲南省では、この7人の団体行動となります。

昆明長水空港で