2月17日、オンブズマン、放射能汚染、民進党県連常幹

投稿日:
民進党県連常幹で

昼食を急いで掻き込み、12時半に妻と出て、13時から1時間弱、「市民オンブズマンおかやま」の定期総会に出席しました。定足数確認や議長選任などに続いて、代表幹事の光成卓明さんが活動報告と訴訟報告をし、決算と監査の報告もあって、挙手採決で全会一致ですべて承認され、次期役員の選任、活動方針と予算の提案と承認などがあって閉会しました。続いて「アカデミーの部」で地方議会議員の海外視察につき報告があるのですが、中座しました。

市民オンブズマン総会で

14時から、「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会に出席しました。法制定の必要性や全国での運動などにつき報告を聞き、40分ほどで中座しました。高井崇志さんも出席でした。私も環境相時代に取り組んだ重要な課題なのですが、その後の進展がはかばかしくなく、国民の関心を高める必要があります。

放射能汚染防止法を

15時から1時間半ほど、民進党岡山県連の常任幹事会に出席しました。髙橋徹幹事長の司会で、難波奨二代表の挨拶に続いて各級議会の報告があり、高橋幹事長から活動報告と協議事項の説明があり、協議のうえ了承されました。各野党の現状が極めて流動的で、県連定期大会の日程や運動方針の概略などを決めたのですが、来年の地方選挙への対応など、状況に応じて適切な対応をするという柔軟な方針にならざるを得ません。

県連常幹で

その後、岡山市の高橋雄大市議に送って貰い、17時ころに帰宅しました。五輪の各競技はいよいよ熱を帯びて面白くなっていました。