2月18日、上京、結婚式、帰岡

投稿日:
原田君ご夫妻

6時45分に妻に送って貰って自宅を出て、7時15分過ぎの新幹線で上京しました。厳寒で、百間川も震えており、姫路城の白も白鷺そのもの、富士も凛とした姿を見せていました。

厳寒の白鷺城
凛とした富士

11時前に到着し、駅近くのシチリア料理店に直行し、くアパレティフと歓談を楽しんで、11時半から30分ほど、原田謙介君と亜弥乃さんの結婚式に参列しました。参列者の前で新郎・新婦が結婚を誓い承認を得る人前結婚式で、二人が腕を組んで入場し、誓いを述べて署名をし指輪を交換してキスを披露し、満場の拍手で結婚が承認されました。

新郎ご家族と
人前結婚式
式を終えた二人

新郎は岡山県の出身で、中・高は愛媛県で寮生活を送り、大学で私の後輩となってインターンとして私の国会の事務所に出入りしました。学生時代から「i-vote」という若者と政治を結び付ける活動をし、卒業後もNPO法人「Youth Create」を立ち上げて若者の啓発活動を続け、18歳選挙権法案の参議院での公聴会に公述人として意見を述べたこともあります。昨年8月に婚姻届を提出して同居を続け、先日は二人で私のところにご挨拶に来ました。

披露宴開会

12時半から15時前まで、結婚披露宴となりました。司会の手際良い進行で、新郎・新婦がお礼の挨拶をし、私が来賓を代表してお祝いを述べました。若者に政治参加を促すのなら、直接に自身で政治のど真ん中に身を置いてはどうだと促すと、参加者の大きな激励の拍手が沸きました。さらに新婦の親族代表のご挨拶と乾杯があり、友人のスピーチやケーキの仕上げなどがあり、お色直しの後はグループ写真撮影が続きました。最後に新婦の感謝の手紙披露、お二人からご両親への記念品贈呈と新郎の父のご挨拶、さらに新郎のお礼の言葉があって、お開きとなりました。

新郎の挨拶
私が来賓を代表して
ケーキの仕上げ
私たちのテーブル
高校時代の友人ら?
両親に感謝を込めて
新郎の最後の挨拶

終わって東京駅に急ぐと、15時過ぎの新幹線に乗ることができ、18時半前に帰岡しました。