9月10日その2、魯迅故居夕食会

投稿日:
魯迅と漱石の孫に挟まれ

18時過ぎに同宿の皆さんと写真を撮って出掛け、紹興の古い街並みを歩いて魯迅故居に着き、18時半から2時間強、故居の主でもある周秘書長のお計らいで、この地域の家庭料理と紹興酒で夕食会を行いました。夏目漱石の孫にあたる夏目房之介さんもご出席で、まず政治協商会議紹興市委員会の魏偉主席が一言挨拶し、次いで周秘書長と私が、順次挨拶と乾杯の音頭を取って宴が始まりました。魯迅基金では世界中の魯迅と交流のあった文筆家を選んで毎年国境を超えた交流を続け、今年が4回目で正常化45周年にも当たるので、日本の漱石との交流をテーマにしたのです。片山総領事も出席で挨拶し、宴たけなわになるに従って紹劇や京劇の物真似、日本の「北国の春」の日中二か国語での合唱などと賑やかになり、最後に周秘書長と私の閉めの挨拶でお開きとなりました。

薄暮の古い街並み
魯迅故居前で
魯迅と漱石の孫ら
乾杯!
また乾杯!
「北国の春」の二か国語合唱