7月15日、渋川海開き、県連常幹、草取り

投稿日:
渋川海開き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時過ぎに妻とともに出て、渋川海水浴場に行きました。10時過ぎに着くと、既に神伝流の仲間が到着しており、水泳着に着替えて打ち合わせをし、若干の体操をして体慣らしのひと泳ぎをしました。

軽く体操をして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慣らしのひと泳ぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時前から住吉良久県議らが出席して海開きの式典が始まり、子どもたちの鼓笛隊に続いてテープカットがあり、11時半ころから私たちの出番で神伝流の式泳と泳ぎ方披露などが行われ、私も参加しました。私が参加するのは、2009年6月27日の海開きで私が式泳をして以来で、当時は私は参議院議長でした。泳ぐこと自体がそれ以来ですから8年振りで、本当に久しぶりに水着姿になりました。

海開き式典

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼓笛隊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住吉県議ら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず私が介添えで式泳が行われ、次いで神伝流の泳ぎ方が披露され、私も三段伸びを泳ぎました。さらにみんなで片手抜き雁行をし、最後に水書で、私も立ち泳ぎで「祝」と朱で揮毫しました。安定するのが困難な立ち泳ぎなのに、出来上がってみると、みなよく揃っていました。

式泳の介添え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片手抜き雁行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水書の仕上がり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄のかりゆしに着替えて一度自宅に戻って昼食の後、14時半ころに出て、15時から1時間強、民進党岡山県連の常任幹事会に出席しました。高橋徹幹事長の司会で、柚木道義県連代表の挨拶があり、各級議会の報告と各総支部の報告があって若干の質疑をし、総社市議選に萱野哲也さんの推薦、岡山市中区の市議補選に下川倫史さんの公認を決定しました。さらに下川さんの若さいっぱいの決意表明と政治状況に関する意見交換がありました。17時前に帰宅し、テレビの相撲中継を見ながらつい居眠りをしてしまいました。18時から1時間強、庭の草取りをしました。

県連常幹で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下川さんの決意表明