7月6日、事務所、弁護士会研修

法律相談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時前に自宅を出て法律事務所に入り、夕方までデスクワークや相談事務をしました。保険約款の解釈の問題や民進党に関することや、様々でした。

17時半から19時まで、弁護士会館で、岡山弁護士会主催の若手弁護士向け研修に出席しました。裁判官から直接に「民事裁判実務の基礎」という話を聞き質問に答えていただくというもので、今日は、岡山地裁の横溝邦彦判事が、尋問の役割や和解の要諦につき体験に基づく講演をし、質問にも率直に答えてくれました。法曹歴は長くても、実務歴は「若手」の私にとっては、自分が裁判官として実務に携わっていた当時と大きく変化してきているので、大変に勉強になりました。

弁護士会館で研修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外に出ると、既に夕闇が迫り、道路に雨が降った痕跡が残っていました。