6月10日、北京へ、長城、夕食会、自転車

 

ホストファミリー訪中団の関西グループと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5時過ぎ起床で出国準備をし、6時過ぎのものレースで浜松町から羽田空港へ。諸手続きを終えて7時半前に搭乗口前まで来て一息つき、8時ころに中国国際航空の機内に乗り込み、8時半にゲートを離れて9時前に離陸しました。3時間半の飛行と1時間の時差で、11時半に北京国際空港に着陸し、諸手続きを済ませて13時過ぎにバスに乗り込みました。私たちは1号車で20数名、そのほかに関空から来る各20数名の2グループがあり、全体で70名ほどの「日本ホストファミリー訪中団」の団体行動です。

 

羽田空港で、
北京空港で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスの中でサンドイッチの昼食を食べながら1時間強、高速道を走って、14時半前に万里の長城の一角である居庸関長城に着きました。昨日は気温が37度だったそうですが、今日はそこまで熱くなく、おおむね晴れで空気もきれいで、快適な旅が始まりました。ここは壮大な長城の一角で、急傾斜の階段を400段以上登り、まさに絶景を眺めて、何とか足をなだめながら下りました。途中に毛沢東の揮毫した「不到長城非好漢」という碑がたっていました。日本なら、「日光を見ずして結構と言うなかれ」でしょうか。

 

居庸関長城で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛沢東揮毫の碑前で王占起さんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長城の頂上へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15時半にバスに戻り、北京市内に戻りました。ほぼ半年ぶりの北京ですが、今日は交通渋滞もなく、さらに際立った変化は自転車が急増していることです。黄や青の同型の自転車があちこちに数多く見られ、聞いてみると、スマホで手続きをすれば格安に乗り降り自由に利用できるのだそうです。細かな問題はいろいろありそうですが、庶民の暮らしに密着した新しい試みだと思いました。17時にレストランに着き、3台のバスがすべて集合して、老壮青が総勢70余名勢揃いで北京家庭料理による大夕食会となりました。終了後、バスで移動して、19時半ころにホテルにチェックインしました。窓からの夜景が、実にきれいでした。

公共自転車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北京オリンピックのレガシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の関西グループ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルからの夜景