6月9日、国の…、愛鳥講演会、取材、訪中壮行会

訪中団団長として挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食後に訪中の荷物を出し、11時にチェックアウトをして衆議院議員会館に向かい、12時から1時間強、久し振りに国のかたち研究会の定例会に出席し、国会の状況などについて意見交換をしました。

その後、暫時休憩して、14時から1時間半強、愛鳥百人委員会の講演会に出席しました。日本鳥類保護連盟の室伏友三専務理事の進行で、先ず日鳥連の矢島稔会長に続いて私が百人委員会会長として挨拶し、樋口広芳教授の渡り鳥に関する講演を聞きました。発信機を取り付けた渡り鳥の個体の観測により、例えばハチクマの感動的な渡りが東アジアの地図上に動画で示され、見る者を魅了しました。集まりが少なかったのが反省点でした。終了後、矢島会長と室伏専務理事とともに、日鳥連の今後の運営に着き協議しました。16時半から1時間ほど、時事問題に付き雑誌記者らの取材を受けました。

 

愛鳥百人委員会会長として挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樋口教授の講演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日鳥連の協議

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑誌の取材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、中国大使館に急ぎ、明日からのホストファミリー訪中団の会合に遅れて18時前に着き、やっと薛剣公使の講演の最後だけを聞き、程永華大使と挨拶を交わしました。18時過ぎから1時間半ほど、訪中団壮行会に出席しました。まず程大使が、続いて私が団長として挨拶し、乾杯から懇談に入りました。老壮青すべての世代が揃い、西日本の皆さんは大阪に集まり、明日からの訪中の成功を誓い合いました。明朝は6時前に行動開始です。

薛剣公使の講演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

程大使と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挨拶