1月17日、日曜討論、阪神大震災

ここ数日の寒さの緩みは今日までだとかで、明日からはまた寒くなります。朝は惰眠を貪り、目が覚めたら日曜討論の最中でした。終日自宅で電話連絡などでゆっくり過ごしました。今日が倉敷市議選の告示日で、現職で私の秘書からスタートした時尾博幸さんと藤原薫子さんの事務所に電話を掛け、激励しました。

日曜討論
神津連合会長

今日は阪神・淡路大震災から26年です。その日は、明け方にすごい揺れで目を覚まし、テレビを掛けると、地震の第一報は確か京都辺りの揺れで、その後に神戸の惨状が伝わってきました。岡山駅前の演説を終え、新幹線が不通なので、空路で上京しました。その後、高校時代以来の親友で牧師をしていた草地賢一君の案内で現地に行き、細かく見せていただきました。彼は国際人権の活動家で、その後に西イリアンから帰国してすぐに発熱し、正月休みが明けて病院に行きましたが、駆け込むように亡くなってしまいました。