12月24日、雨、クリスマスイブ、安倍前首相

本当に長く晴れが続きましたが、今朝から待ちに待った雨で、夕方まで小雨が降り続きました。これで庭の植物が、一息付けばいいのですが。そんな中で終日自宅で、電話連絡とデスクワークに追われました。

クリスマスイブは、県北の友人から送られた可愛いクリスマスカードを見て過ごしました。モミの小枝に飾られたたくさんの小さな明かりが音楽とともに点滅し、何だか嬉しくなります。

クリスマスイブ
明かりが点滅

安倍前首相が18時から記者会見を開き、桜を見る会前夜の後援会懇親会の会計につき、国会での説明が虚偽であったことを認め、そこに至った事情を説明しました。これまでの国会での説明はすべてその会議録に正式の記録として残っているのですから、これを正すには、国会の権威のためにも後世の検証のためにも、国会の公式の場で事情を述べ、前の会議録と同様の会議録に残る形で残さなければなりません。しかしそれでも、虚偽を繰り返し述べていた人が、今回だけは真実を述べていると納得させることはできません。やはり偽証罪の制裁のある証人尋問が必要なのではないでしょうか。

安倍前首相の会見