12月25日、所用、山崎晴惠さん

昨日の雨から一転、快晴となりました。12時半前に妻とともに出て岡山市中心部に行き、13時から所用に取り掛かりました。待ち時間もあり、全て終わったのは15時過ぎになりました。いささか草臥れたので、自宅に直行し、15時半過ぎに帰宅してテレビを点けると、ちょうど参議院議院運営委員会で立憲民主党の福山哲郎幹事長が安倍前首相を追及しているところでした。

参院議運委

16時に、山崎晴惠さんの母親が来られ、1時間ほど懇談しました。父親と私とは中・高生時代の同期生で仲が良く、彼は地元のテレビ局に職を得て県北で活躍していましたが、61歳で急死しました。晴惠さんは父親の思いを受けて、勉強を重ねて弁護士となり、今は宝塚市で開業しています。50歳ですからまだ若手で、現職の中川智子市長の意を受け、来年4月の市長選に無所属で立候補します。今日は本人に代わって母親が、私のアドバイスを聞きに来たのです。頑張ってみんなの期待に応えてくれると思います。

山崎晴惠sンの母親と