1月12日、党首発言、綱領改定

党首発言

相変わらず終日、所用でした。それでも休日で、大相撲を見る余裕はありました。

結びの一番

NHKの日曜討論では、各党首の発言が登場しました。通常国会の課題として、与党は予算成立最優先のようですが、その前に、立憲民主党の枝野代表らの言うとおり、何より政治の信頼を大きく毀損している「桜」や「IR」の解明が大切だと思います。

日本共産党の綱領改定が話題となりました。私も、関連の資料を読んでみました。旧ソ連や中国の評価を大きく変え、社会主義とは無縁だとするもので、説得力があり大胆な転換だと思います。しかし、その他の部分でなお納得できないところも多く、一層の議論が必要です。

綱領改定