11月16日、大饗の儀、奈良へ、道文会旅行、泊

道文会旅行で乾杯

モーニング姿でロングドレスの妻とともに11時前にチェックアウトをして皇居に向かい、暫く待機しながら大勢の皆さんと懇談し、11時半過ぎに豊明殿に入りました。

大饗の儀へ

大広間を縦に使って「大嘗宮の儀」のお直会に当たる「大饗の儀」が行われ、私たちは菅直人さんらとともに天皇皇后両陛下に最も近い席に案内され、大広間の反対側には舞台が用意されていました。 12時に両陛下と皇族の皆さんが入場され、天皇陛下のおことばと安倍首相の祝辞、さらに各地方からの献上品の紹介があって、お食事となりました。白酒(き)、黒酒(き)と呼ばれる今年の米で出来たばかりの濁り酒が振舞われました。舞台では、古式豊かな雅楽と舞が演じられました。雲一つない秋晴れの中、ゆったりとした時が流れ、13時40分になって両陛下と皇族方が退出され、私たちも順次退出しました。

参議院会館で着替えて荷物を整理し、東京駅で宅急便を出して、15時に新幹線で京都経由で奈良に向かいました。秋晴れの空に富士が奇麗でした。

快晴の多摩川
富士

18時過ぎに近鉄奈良に着き、岡山の仮名書道の皆さんによる道文会のリクレーション旅行の宿泊ホテルに直行し、一息つく暇もなく、18時半過ぎから夕食懇親会となりました。冒頭に私が指名されて挨拶し、合わせて大嘗宮の儀と大饗の儀の報告をして持ち帰ったお料理等を披露し、乾杯の音頭を取りました。私たちも加えて18人という少人数なので、お料理も皆さんに行き渡り、大変に喜ばれました。20時半に終了し、ゆっくりと大風呂に浸りました。

道文会旅行の懇親会で
挨拶