11月15日、大嘗宮の儀、小幡さん祝賀会

小幡さん祝賀会

3時半過ぎに大嘗宮の儀が終わり、宮殿で軽食をいただいて、4時半前にホテルに戻りました。昨日18時過ぎから21時前まで悠紀殿供饌の儀があり、宮殿に戻って軽食をいただき、さらに本日になって0時半前から主基殿供饌の儀がありました。厳寒でしたが、慣れてしまえば何とか耐えることは出来ました。しかし遥か遠方で行われる秘儀のため、判別はほとんど不可能でした。厳粛な雰囲気の中でゆっくりと時が流れる感じは、なかなか良いものです。それでは寝ます。

大嘗宮の儀

辛うじて目を覚まして朝食を食べ、さらに寝て14時半に昼食を食べ、シャワーを浴びてやっと正気に戻りました。18時に妻と出て地下鉄で移動し、18時半過ぎから、参議院議長時代に事務方トップの事務総長として支えていただいた小幡幹雄さんの叙勲をお祝いして、小幡さん、当時の秘書だった事務の大蔵誠さん、政務の江田洋一さんとそれぞれの配偶者に私たちを加えた総勢8人で、夕食懇談会を開きました。当時の思い出から最近の政治批判など、話題は古今東西にわたり、気が付くと22時になっていました。

小幡さんの謝辞