に投稿

時事通信2016年11月3日インタビュー記事を掲載しました

「もう一つの政権党を」=桐花大綬章の江田元参院議長

 

インタビューに答える江田五月元参院議長=1日、東京・永田町の参院議員会館
インタビューに答える江田五月元参院議長=1日、東京・永田町の参院議員会館

「もう一つの政権担当政党を育てる大きな仕事に、地に足を着けて取り組んでほしい」。桐花大綬章を受章した江田五月元参院議長は、民進党の現職議員らにこう呼び掛けた。
 1977年、社会市民連合代表だった父三郎氏の急死を受け、参院選に立候補して初当選。約40年の政治家人生を「日本の民主主義、市民社会の成熟のため頑張ろうと思ってきた」と振り返る。
 その間、2度の政権交代を経験した。1993年には細川連立内閣に参加し、自民党を初めて下野させた。科学技術庁長官として初入閣したが、後に国論を二分する原発政策について「問題提起をしておかなければならなかった」と悔いを残す。

インタビューに答える江田五月元参院議長=1日、東京・永田町の参院議員会館
インタビューに答える江田五月元参院議長=1日、東京・永田町の参院議員会館

 2009年に旧民主党政権が誕生したことは、約40年の中で「一番大きな出来事」だ。それは本懐を遂げた喜びだけでなく、「政権交代が所期の成果を挙げる前につぶれた」という深い悲哀も伴う。
 今年夏の参院選を機に政界を引退。一歩離れて見る与野党の現状は「あまりにもとげとげしい」と映る。与党側には「懐深く受け止めてほしい」と促した。
 現行憲法の意義を「戦後の混乱を乗り越え、今の日本をつくってきた」と捉えている。「不磨の大典ではない」と改憲を容認しつつも、連合国軍総司令部(GHQ)による「押し付け」で制定されたとの主張には「許せない」と厳しい。
 現在は岡山市で次男が営む弁護士事務所で活動している。公益財団法人「日中友好会館」の会長は続けており、「とりわけ若い世代が良い関係をつくっておかないといけない」と、両国の将来に思いをはせた。

 

 

時事通信2016年11月3日記事

に投稿

山陽新聞「秋の叙勲 喜びの声」を掲載しました

 

秋の叙勲、喜びの江田五月さん 桐花大綬章、政権交代掲げ40年

 

 「秋の叙勲」の受章者が3日付で発表された。岡山県関係では、元参院議長の江田五月さん(75)に桐花大綬章が贈られた。

<桐花大綬章> 元参院議長 江田五月さん(75)=岡山市中区

 政治家として、市民政治と政権交代の実現に邁進(まいしん)した約40年。2009年の民主党(現民進党)政権成立を参院議長席から宣言し、「大変感慨深かった」と振り返る。

 急死した父・三郎氏に代わり、裁判官から転身して1977年の参院全国区に出馬し、初当選。83年に衆院にくら替えして4期を重ね、社会民主連合、日本新党、新進党と所属を変えながら「政権交代を担える政党づくりを目指した」。93年に発足した非自民連立の細川護煕内閣では科学技術庁長官。

 96年の岡山県知事選で惜敗後、民主党に入り、98年に参院岡山選挙区で国政復帰し、参院は通算4期。07~10年の参院議長のほかに法相、環境相を歴任し、今年7月に政界を引退した。「政権交代の第2幕は後進に託す」

 現在は、岡山市内の法律事務所に所属して弁護士活動を行う傍ら、日中友好会館(東京)の会長も務めており、「両国の青少年交流に力を入れたい」と意欲を燃やす。

 

※山陽新聞朝刊2016年10月4日 記事(山陽新聞デジタル「さんデジ」の会員登録が必要な場合があります)

に投稿

週刊ポスト10月14・21日号 記事 / 江田五月氏 「蓮舫は『私たちの蓮舫!』になる可能性あり」

【元民主党最高顧問の江田五月氏】
【元民主党最高顧問の江田五月氏】

議員生活40年をかけて政権交代に執念を燃やした江田五月氏(75)。元民主党最高顧問が蓮舫代表、野田佳彦幹事長の新体制に檄を送る。


今日(9月28日)、ちょうど朝の参議院本会議の代表質問を聞きまして、蓮舫らしく歯切れよく、皮肉も込めて喋っているなと思いました。ああいう調子でやっていくほかない。

蓮舫とはキャスター時代からの随分長い付き合いで、もう30年くらいになる。例の国籍問題で何か言う人がいるのかもしれないけど、むしろ問題は、なぜ長らく蓮舫は日本国籍を取れていなかったのかということ。

問題は国籍法なんですよ。男系主義で、母親が日本人であっても国籍を取れないという時代が続いていたんです。女子差別撤廃条約の批准という世界の潮流でようやく国籍法を変えて、蓮舫も日本国籍を取得できた。

男系優位の社会から男女共同参画へと変化していく過程の中で男系優位の悲劇を体験している人なので、これからそれをプラスに活かしていけばいい。日本社会を変える人材になると思います。

前代表の岡田(克也)さんの場合は、国民から見て、「僕たち、私たちの岡田!」という感じはなかった。蓮舫にはそうなる可能性がある。「私たちの蓮舫!」となる可能性はある。今はまだ無理ですが。

20年前の1996年に民主党ができて、2009年には政権交代を実現して、良いこともいっぱいあったと思うけど、結果を見ればこの20年は失敗に終わった。

僕はこの夏で辞めたけど、これから民進党で政権交代の第2幕が始まりますから。今は生まれる時の苦しみ。まだ産道を通ったばかりで、へその緒もついている状態。オギャーと泣いているところだから色々あるのは当たり前ですよ。

一番の批判されるポイントは野田佳彦・幹事長なんでしょう。元総理を幹事長として使うなんて今まではなかったじゃないですか。みんなびっくりするし、だからこそ批判もある。

彼は民主党になる前、日本新党の時からの仲間ですが、「自分は目立たなくていいから人をしっかり支えよう」という男だった。見る人によっては評価は高いんですよ。今は怒りを買っていればいいじゃないですか、「その通りでございます」と言っていれば。それだけの強さが野田さんにはあると思いますよ。

蓮舫一人に頑張れではなく、批判する人も含めて民進党みんなに、「もっともっと苦労しろよ」と言うのが僕の役割だと思っています。

 

●えだ・さつき/1941年生まれ。77年参議院初当選。参議院議長、法務大臣、民主党最高顧問などを歴任。弁護士。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号