秋の叙勲関連報道 動画ニュースの紹介(NHK)

・NHKの動画ニュースサイト「NHK NWES WEB」 秋の叙勲4055人が授章

↑ 画像をクリックするとNHKのページに移動します
↑ 画像をクリックするとNHKのページに移動します

ことしの「秋の叙勲」の受章者が発表され、各界で功労のあった合わせて4055人が受章することになりました。

ことしの「秋の叙勲」を受章するのは、「桐花大綬章」が1人、「旭日大綬章」が7人です。
また、「旭日重光章」と「瑞宝重光章」が合わせて51人、「旭日中綬章」と「瑞宝中綬章」が合わせて300人、「旭日小綬章」と「瑞宝小綬章」が合わせて901人など、全体で4055人です。

このうち、女性の受章者は全体の9.6%にあたる389人で、今の制度になった平成15年秋以降で最も多くなっています。
また、民間からの受章者は1784人で全体の44%を占めています。

「桐花大綬章」は、参議院議長や法務大臣などを務めた江田五月さんが受章します。
また、「旭日大綬章」は、元最高裁判所判事の金築誠志さん、防衛大臣などを務めた北澤俊美さん、参議院副議長などを務めた輿石東さん、経済産業大臣などを務めた直嶋正行さん、内閣官房長官などを務めた中川秀直さん、三菱電機の元社長の野間口有さん、国土交通大臣などを務めた前田武志さんの7人が受章します。
「旭日重光章」は、タレントで元参議院議員の西川きよしさんらが受章するほか、「旭日小綬章」は、舞台などで活躍する俳優の波乃久里子さんや、元プロボクサーで2階級で世界チャンピオンになったファイティング原田さん、作家の宮城谷昌光さんらが受章します。

このほか外国人叙勲では、サッカー日本代表のオシム元監督が「旭日小綬章」を受章するなど、48の国と地域からこれまでで最も多い合わせて96人が受章することになりました。
叙勲の親授式や伝達式などは、今月8日から行われます。

 

桐花大綬章 江田五月さん

桐花大綬章を受章する江田五月さんは75歳。
昭和52年の参議院選挙で初当選し、衆議院議員もあわせると37年間にわたって国会議員を務めました。

この間、当時の社民連・社会民主連合の代表を務めたほか、平成5年に発足した細川内閣では科学技術庁長官として初入閣しました。
そして民主党時代には平成19年から3年間参議院議長を務め、菅第2次改造内閣では法務大臣と環境大臣を務めました。

江田さんは「大変な栄誉を頂くことになり、ただただ身に余る光栄と恐縮している」と話しています。また、江田さんは最も思い出に残っていることについて「参議院議長として民主党政権の成立を宣言したこと」を挙げたうえで「議長なので『ニコッ』とするわけにはいかないので、グッと顔を引き締めた。長く求めた政権交代が実現するということがうれしかったが、心の中を顔に出さないように一生懸命努力した」と当時を振り返りました。

そして江田さんは「政治は誰かに全部任せてしまうのではなく、自分たちが参加する民主主義という形で、一定の幅の中で多少の間違いを繰り返し、その間違いを常に修正しながら前に進んでいくことが必要だ」と語りました。

 

旭日大綬章 輿石東さん

旭日大綬章を受章する輿石東さんは80歳。
輿石さんは小学校の教員を経て、平成2年の衆議院選挙で初当選して以降、衆議院議員を2期、参議院議員を3期務めました。

この間、旧・民主党の幹事長や参議院議員会長などを歴任したほか、平成25年8月から3年間、参議院副議長を務めました。

輿石さんは「2009年に本格的な政権交代を実現した歴史の大きな転換点の真ん中にいたので、大きな深い思い出がたくさんある。しかし、3年3か月で、せっかく頂いた政権を失い、国民の信頼を失う結果を招いたのは非常に残念だし、自分自身大きな責任はある」と振り返りました。

そのうえで輿石氏は、「政治には安定感だけではなく、バランスと緊張感が必要だ。緊張感のない政治は必ずどこかでつまずくし、問題が起きてくる。野党は、しっかり心を合わせて共闘して、緊張感ある、バランスある日本の政治をつくってほしい」と述べました。

また輿石氏は、「『人作りなくして国造りなし』、『教育は未来への先行投資』というのが私の信念であり、ようやく各党とも人材育成や教育は大事だということに気がついてくれた」と述べ、各党が教育の振興に取り組むことに期待する考えを示しました。

 

旭日大綬章 中川秀直さん

旭日大綬章を受章する中川秀直さんは72歳。
新聞記者を経て、昭和51年の衆議院選挙で旧広島2区に当時の新自由クラブから立候補して初当選し、その後自民党に入り、通算で10回当選しました。

この間、第2次森内閣で、内閣の要となる官房長官を務めたほか、自民党の幹事長や政務調査会長などを歴任し、経済政策などに精通していたことで知られました。

中川さんは「身に余る栄誉で、光栄だ。およそ40年にわたり、私の政治活動を支えてくれた、ふるさと広島の皆さんや全国の友人、支援者の皆さん、家族やスタッフも含めた全員に対する受章だ」と話しました。

また、中川さんは「自民党の政務調査会長のとき、党が主導して大胆な日銀の金融政策と、政府による規制制度改革、財政政策の3つを合わせた政策をまとめた。それがアベノミクスにつながった」と、みずからの取り組みを振り返りました。

そして「規制制度改革はまだ十分でないかもしれず、むしろ日本は、ある種の危機にあると思う。豊かで強い、外国から手本にされる国にしていくために、相当大きな覚悟を持って改革をする必要があり、是が非でもやり遂げてほしい」と話していました。

 

旭日小綬章 波乃久里子さん

旭日小綬章を受章する新派女優の波乃久里子さんは神奈川県出身の70歳。
十七代目、中村勘三郎さんの長女として生まれ、15歳で新派の初舞台を踏んだあと、初代、水谷八重子さんに師事して伝統の芸を継承しました。

「婦系図(おんなけいず)」や「日本橋」などの新派の古典作品をはじめ、演出家の蜷川幸雄さんが手がけるギリシャ悲劇など、幅広いジャンルの舞台作品に挑み、現在の新派を代表する女優として活躍を続けています。
弟は、平成24年に亡くなった十八代目、中村勘三郎さんです。

受章について波乃さんは「ただ好きなだけで芝居をやってきた者がこのような勲章をいただき、こんなに幸せなことはございません。天国にいる初代、水谷八重子先生にいちばんに喜んで頂きたいですし、弟が生きていたら喜んでくれただろうなと思います。この年になっても、自分にはまだまだ可能性が眠っているような気がしてならないので、これからもジャンルにこだわらず、さまざまな芝居をやっていきたいと思います」と話していました。

 

旭日小綬章 宮城谷昌光さん

旭日小綬章を受章する作家の宮城谷昌光さんは、愛知県出身の71歳。
今の愛知県蒲郡市で生まれ、大学を卒業後、出版社勤務などを経て執筆活動を始めました。

平成3年に古代中国の歴史を題材にした「天空の舟」で新田次郎文学賞を、中国の春秋時代の伝説的な悪女とされる「夏姫」を描いた歴史小説、「夏姫春秋」で直木賞を受賞し、一躍、人気作家となりました。

古代中国を舞台にした歴史小説を数多く執筆し、「重耳」で芸術選奨文部大臣賞に選ばれたほか、平成18年には紫綬褒章を受章しています。

受章について宮城谷さんは「文学賞ではないので理由がよく分からないのですが、中国と日本の歴史に関する小説を長い間書いてきたことに関する評価だと思っています」と感想を語りました。

また、デビューまで長くかかったことに触れ、「直木賞を受賞する直前には、もう諦めよう、やめようと思っていました。長く作家活動ができているのも、認められるまで時間がかかったからではないかと思っています。受章もうれしいですが、読者が『あれがよかった』と言ってくださるのがいちばんの喜びです」と話していました。

 

※NHKの動画ニュースサイト「NHK NWES WEB」2016年11月3日記事