山陽新聞「秋の叙勲 喜びの声」を掲載しました

 

秋の叙勲、喜びの江田五月さん 桐花大綬章、政権交代掲げ40年

 

 「秋の叙勲」の受章者が3日付で発表された。岡山県関係では、元参院議長の江田五月さん(75)に桐花大綬章が贈られた。

<桐花大綬章> 元参院議長 江田五月さん(75)=岡山市中区

 政治家として、市民政治と政権交代の実現に邁進(まいしん)した約40年。2009年の民主党(現民進党)政権成立を参院議長席から宣言し、「大変感慨深かった」と振り返る。

 急死した父・三郎氏に代わり、裁判官から転身して1977年の参院全国区に出馬し、初当選。83年に衆院にくら替えして4期を重ね、社会民主連合、日本新党、新進党と所属を変えながら「政権交代を担える政党づくりを目指した」。93年に発足した非自民連立の細川護煕内閣では科学技術庁長官。

 96年の岡山県知事選で惜敗後、民主党に入り、98年に参院岡山選挙区で国政復帰し、参院は通算4期。07~10年の参院議長のほかに法相、環境相を歴任し、今年7月に政界を引退した。「政権交代の第2幕は後進に託す」

 現在は、岡山市内の法律事務所に所属して弁護士活動を行う傍ら、日中友好会館(東京)の会長も務めており、「両国の青少年交流に力を入れたい」と意欲を燃やす。

 

※山陽新聞朝刊2016年10月4日 記事(山陽新聞デジタル「さんデジ」の会員登録が必要な場合があります)