8月25日、鍋、対立

自宅で鍋

咳がまだ完治せず、終日自宅でのんびりしてしまいました。夕食は相変わらず、自宅で鍋を突きました。

のんびり寝っ転がっていると、頭の中を妄想が駆け巡ります。世界中で分断と対決の機運が緩慢に且つ着実に広がって来ている中、わが国では国粋気分まで強まって来ているように思えてなりません。日韓の対立は、水も漏らさぬ理論と骨の髄まで染みついた感情との対立だという人がいました。忘れてならないことは、正しいことを言うときは、しばしば人を傷つけるものだということです。隣国間に紛争はつきもので、紛争こそ両国が仲良くなるための試験問題なのです。立腹はやめましょう。