8月11日、読経、玉龍会展、搬出

私の作品前で

孫の薫君が青春18切符で、早朝6時過ぎのJR在来線鈍行で岡山を発って東京に帰るので、妻が送っていくために5時起床で、私もつい寝不足になってしまい、午前中は自宅でぶらぶらしていました。13時過ぎに妙福寺ご住職がお盆の供養に来られ、仏前で読経をしていただきました。経本を見ながら努力したのですが、とても着いて行けませんでした。

ご住職の読経

15時前に出て玉龍会展の会場に行きました。到着して暫くすると、ももちゃんと一生君がパパとママと一緒に来ました。ももちゃんが毛筆で、来訪者名簿に住所と家族全員の名前を記帳してくれ、一家で私の作品の前で記念写真を撮りました。

ももちゃんが記帳

16時に無事に展覧会終了となりました。来場者は総計600人を超え、一同大喜びでした。その後、搬出作業を行い、17時過ぎにすべての作業を終了し、私も玉龍会会長として事務局にご挨拶に行き、大役を果たし終えました。

搬出作業