8月8日、薫君、ハラケン反省会、イタ飯

反省会全景

長女のところの二番目の孫の薫君が、昨夜から片付けの手伝いに来ています。妻は午前中は公民館のコーラス練習に出掛け、昼過ぎまで薫君の質問に答えながらあれこれお話しして過ごしました。例えば衆参の選挙制度がどういう経過で現在に至ったかを説明すると、ずばり「ご都合主義だね」と確信を突く感想でした。

昼からは薫君の篠笛練習につき合ったりしながら、電話連絡などで過ごし、18時前に二人で出て、18時半過ぎから2時間ほど、原田謙介さんの選挙に関わった有志の皆さんによる「ハラケン反省会」に出席しました。40人近くが出席で3テーブルに分かれ、まずテーブルごとに自己紹介をして反省点や今後の方針につき話し合いをし、メモ用紙に書き出して、全体でメモを分類・整理しながら議論を深めて行きました。

20時過ぎになって、原田さんが現在の心境や今後につき思うことを述べて終了としました。 薫君は以前から原田さんに会いたくて参加したので、終了後に若干の時間を割いて個別の話し合いをさせて貰いました。

原田さんの発言

21時過ぎから薫君と二人で、イタ飯で夕食を食べて帰宅しました。

薫君と夕食