5月1日、改元、原田選対事務局、大西教授

原田選対事務局会議で

昨夜は改元の瞬間をテレビで見て床に就きましたが、今日もテレビは朝から改元一色で、しかも剣璽の承継を国事行為で行う事態にも何の疑問も示されず、異論を許さぬ一色振りにいささか気味悪さを感じました。

改元の瞬間

9時半に出て10時から1時間強、今夏の参院選岡山に立憲民主党公認で挑戦する原田謙介予定候補の選対事務局会議に出席し、具体的な取り組みにつき協議、決定しました。時は矢のように過ぎてゆくのに、取り組みは圧倒的に遅れています。終了後、事務所前に出て拳を振り上げて必勝を誓いました。

原田選対事務局会議
拳を振り上げ‼

その後、自宅に戻って午後はゆっくり過ごしました。17時半に妻と出て、18時から2時間ほど、私の参院議長時代のスタッフだった立命館大学の大西祥世教授を迎えて夕食をご一緒しました。現在はサバティカル休暇でジョージタウン大学で研究中で、やっと完成した憲政研究会の報告書を持ってきてくれました。三権の長からのヒアリングを網羅した研究は初めてのようです。

大西教授と