3月29日、地方選初日、鳥井候補出発式、立憲候補回り、事務所、中区街宣

鳥井候補出発

いよいよ岡山県議選と岡山市議選の初日が来ました。7時半に出て、倉敷・早島選挙区に立憲民主党公認で2期目の挑戦をする鳥井良輔候補の出発式に出席しました。県外から来て私の秘書となり、前回は無投票阻止もあって急遽立候補し最下位当選となりましたが、今回は有力新人が出て厳しい情勢となりました。9時の受付け開始と同時に、妻の藤原薫子市議の司会で開式し、後援会長に続いて私が檄を飛ばし、さらに柚木道義さんらの激励挨拶があって鳥井候補が力強く決意を述べ、頑張ろう三唱で出発となりました。その後、事務所に入って今回から始まった証紙張りを手伝いました。

私の挨拶
柚木さん
鳥井候補の決意表明
頑張ろう三唱
出発
証紙張り

続いて10時ころから2時間ほど、いずれも立憲民主党公認の岡山市南区の鈴木一史県議候補と羽場頼三郎市議候補、北区の森山幸治市議候補と高原俊彦県議候補の各事務所を順次回って激励しました。事務所によってそれぞれ特色がありますが、いずれも元気一杯に頑張ってスタートを切りました。

鈴木事務所で一茂元県議と
羽場事務所で証紙張り
森山事務所で
高原事務所で

12時過ぎに久し振りに江田法律事務所に入りました。間もなく事務員の出入りがあり、退職者と新人にそれぞれ挨拶しました。所長の剛弁護士は、4月から岡山弁護士会副会長となり、事件処理の時間が大幅に減殺されます。13時前に帰宅し、一息付きました。庭に出てみると、一気に春到来で、モモ、ボケ、レンギョウ、コブシ、ヤブサンザシが満開でした。但しモモは花が極端に少なく、ピンチです。カンゾウの芽が少し大きくなりすぎましたが、食材のために摘みました。

法律事務所で
庭のモモ
ボケ
レンギョウ
コブシ
ヤブサンザシ
カンゾウの芽

17時前に再び出て近くのスーパー前に行き、岡山市中区の髙橋徹県議候補と高橋雄大市議候補の街頭演説会に参加しました。17時ちょうどに髙橋県議候補の、続いて高橋市議候補の各選挙カーが到着し、まず髙橋候補がマイクを持って県議選が無投票となり同候補も当選が決まったことを報告し、さらに無投票の増加や投票率の低下で憲法12条の「国民の不断の努力」が風化することに懸念を述べました。次いで津村啓介さんが、さらに高橋市議候補が挨拶し、17時半に同候補は選挙カーで街に飛び出して行きました。

髙原候補当選
街宣
雄大候補は町へ