3月24日、所用、待機、テレビ、日没

薄暮のスカイツリー

昨日の寒さから一転、平年並みの温かさに戻り、さらに終日快晴でした。桜の開花は進んでいるようですが、相変わらずの屋内待機が続いており、花見どころか、夏の参院選岡山選挙区に立憲民主党公認で立候補予定の原田謙介さんの東京集会「ハラケン岡山祭り@東京」にも顔を出せず、焦燥感が募ります。

そんな中、妻の手伝いを得て午前中の散発的な所用を済ませ、午後はひたすら高校野球と大相撲千秋楽のテレビ観戦で過ごしました。野球は隣県の米子東のたたかい振りに注目したのですが、落胆でした。相撲はやはり貴景勝で、見事な勝ち振りで大関昇進を決め、痛快でした。

取組みが終わって窓外を見ると、日没の陽光が東のビルの窓に反射して見え、その横には東京スカイツリーが薄暮の空に浮かび上がっていました。

東のビル