2月16日、市日中互礼会、合同事務所開き、立憲県連常幹等

投稿日:
市日中互礼会で李総領事らと

11時過ぎに出て岡山市日中友好協会の会合に向かい、午前中の講演会の閉会間際に飛び込みました。岡山大学の森田潔名誉教授の講演で、ご自身の上海滞在経験を踏まえて日中友好の大切さをお話し下さいました。終了後、暫時控室で待機していると、駐大阪の李天然大使級総領事が到着され、協会の片山浩子会長らと短時間懇談しました。

森田名誉教授の講演
李総領事、片山会長と

12時に新春互礼会会場に移ると直ぐに、新設された協会青年部の星野耕平部長の司会で開会となり、片山会長の挨拶に続いて来賓として李総領事と岡山市の那須正己副市長が挨拶し、私が若干の挨拶の後に音頭を取って乾杯をし、懇親会となりました。そこで私は中座し、次に急ぎました。

挨拶
乾杯の音頭

13時に、いずれも春に2期目の県議選に臨む髙橋徹県議と3期目の市議選に臨む高橋雄大さんの合同後援会事務所開きに駆け付けました。会場はスーパー前の駐車場で寒い曇り空の下、間もなく開会となり、来賓として津村啓介さん、高井崇志さんらが激励挨拶をし、高井さんは夏の参院選岡山県選挙区に立憲民主党公認で初挑戦する原田謙介予定候補を紹介しました。次いで私が挨拶をし、来賓として駆け付けた高原俊彦、中川雅子両県議ら大勢の地方議員の皆さんの紹介などがあって、髙橋県議と高橋市議がこれまでの実績を紹介しながら次期に目指す目標を力強く述べて決意表明をしました。最後にみんなで頑張ろう三唱をして、必勝を誓い合いました。その後、自宅に戻って遅めの昼食を食べました。

寒空の合同事務所開き
高井さんが原田さんを紹介
私の挨拶
髙橋徹さん決意表明
続いて高橋雄大さん
頑張ろう三唱

15時半に再び出て16時に立憲民主党県連合事務所に入り、原田謙介さんと流し街宣用の資料の打ち合わせをしました。大学が休みに入り始め、学生さんが応援に駆けつけていました。17時から1時間半ほど、同県連の常任幹事会に出席し、春の地方選と夏の参院選の準備状況の点検などをしました。衆参同日選となった場合の候補者選考も話題となりました。

大学生が応援に
県連常幹
発言