1月24日、棚田再生、自治体回り(西粟倉、美作、赤磐)、東大会、ライオンズ

原田さんと棚田再生

咳に声のかすれが加わったのでご近所の内科医院で診察を受け、薬をいただきました。インフルエンザは陰性でした。そこで若干遅れ、10時半過ぎに夏の参院選岡山選挙区で立憲民主党公認で立候補予定の原田謙介さんとともに出て、まず12時ころに県東部の上山神社で梅谷真慈さんと落ち合い、彼が取り組んでいる棚田の再生現場を案内していただきました。耕作放棄地域のコミュニティー再生に取り組み、既に40人もの移住を達成しているそうです。元気な若者たちの取組みに拍手をしました。

次いで道の駅で昼食を取りながら北上し、14時半ころ、西粟倉村役場を訪ねました。山下英輔副村長が居られ、森林事業の状況などを聞きました。人口がやっと、1400余人程度で漸減が止まりそうなところまで来ました。この村は岡山県最北東部に位置し、次に旧英田郡のその他の町村合併で生まれた美作市の役所を訪ねました。15時半ころ着くと、ちょうど萩原誠司市長が会議中で、そこに原田さんと呼び込まれて立ち話をしました。相変わらずエネルギッシュに仕事をしている様子でした。さらに南に下り、16時半ころに赤磐市役所に着き、やはり仕事中の友實武則市長と立ち話をしました。皆さんにお会いでき、元気をいただきました。そこから岡山市に戻り、途中の私の竹馬の友を訪ねると、ちょうどご家族がみな居られ、お茶をいただきました。

西粟倉村山下副村長と
萩原美作市長と
友實赤磐市長と
竹馬の友ご一家と

18時に岡山駅近くのホテルに着き、原田さんと一緒に岡山東大会新年会に出席しました。東京大学卒業生の同窓会で、30余名が出席し、時間通りの開会となって、物故者への黙祷の後に河原昭文会長が開会挨拶をし、石井正弘参議院議員の乾杯音頭から懇談となりました。原田さんとは一騎打ちの相手です。

岡山東大会
原田さんも出席

30分ほどで中座し、同じ階で開催されるライオンズクラブ国際協会336-B地区の新春3クラブ合同例会に出席しました。昨年末のクラブ解散により、これまでの4クラブが3に減少したもので、寂しさは隠せませんが、今年も “We Serve!”の精神で元気に出発することを確認し合いました。20分ほどで懇親会に移り、私の所属する岡山ブルーLCの岡崎公平会長の開会挨拶を聞き、乾杯から懇親になったところで、体調を考えて中座しました。

ライオンズクラブ例会開会
ライオンズヒム斉唱
岡崎公平さん挨拶