11月10日、憲法講演

投稿日:
憲法講演を終わって

昨日から一転、爽やかな秋晴れとなりました。昼過ぎまで自宅でゆっくりし、昼食後に13時過ぎに出て、なかなかの渋滞の中を運動公園の木々の紅葉を眺めながら市内北区伊島北町の病院まで走り、14時からの憲法講演会の講師を務めました。

運動公園の紅葉

岡山女性フォーラムという小人数の勉強グループの岡山弁護士会への講師派遣依頼で、憲法第24条を中心に「憲法改正をだれが何のためにやるのか」をテーマに話すことになったものです。まず昨日の園遊会でのお土産のお菓子をみんなで摘み、1時間半ほど話した後にご意見や質問を受け、16時半過ぎに終了としました。私の学生時代と憲法、参議院憲法調査会とベアテさん、主権者のたたかいと立憲主義、母権論争、LGBTと第24条などについて話し、高齢者の権利と義務、韓国の徴用工問題、高齢化時代の医療と福祉、消費増税と国民の覚悟など、多岐にわたってご意見をいただき質問に答えました。

園遊会土産を摘み
講演全景
講演

帰路に着くとやはり大渋滞で、18時ころにやっと帰宅できました。