9月25日、沖縄知事選、デニー応援、愛楽園、訪問、豊見城

玉城デニー候補と

7時に自宅を出て岡山空港に行き、電話で予約したチケットを貰って、8時半の便で那覇に飛びました。空港への道中はやはり大渋滞で、岡山空港に着いたのは8時10分になり、ちょっとヒヤッとしました。機内では、与党の国会議員もいて、まさに「呉越同舟」でした。

沖縄へ

若干遅れて10時半過ぎに着陸し、直ちに難波奨二さんの秘書で知事選のために沖縄に滞在している山口君の手配でレンタカーに乗り込み、山口君運転で名護市に向かいました。台風25号の影響なのか、時々大粒の雨が降っていました。

高速道で名護へ

沖縄県知事選は、大激戦です。世論調査では、私が応援に来た玉木デニー候補が優位のようですが、22年前のちょうど今頃、私が岡山県知事選に挑んだ時と同じコースで、最後まで調査では勝っていても、蓋を開けると負けているということがあります。私の時も、首相官邸から直接の電話が入ったり、政権内の幹部が何度も現地に来たり、権力を握っている側はありとあらゆることをしてきます。公選法的には違反であっても、現実には各地にローカルルールがあり、沖縄では、特にそれが顕著のようです。負けずに頑張ります。

13時前に名護市のファミレスに着き、立憲民主党沖縄県連合の有田芳生代表と落ち合って、持参のかりゆしに着替えて一緒に昼食を食べ、14時前に立憲民主党の街宣カーを先頭に街に出ました。まず最初に14時過ぎに、サトウキビ畑を通り抜けて、国立ハンセン病療養所「愛楽園」に行きました。入所者数は150人程度にまで減少し、平均年齢は80歳を超えています。入所者自治会の金城雅春会長にお会いしてご挨拶をし、園内放送で入所者や職員の皆さんにご挨拶をしました。帰りに道端を見ると、本土では公選法違反と思われるような看板が堂々と立っていました。

有田さんとかりゆしで
サトウキビ畑
愛楽園で
園内放送
適法?

名護から南下してうるま市に入り、16時に、ハンセン病回復者で社会復帰した金城幸子さんをご自宅に訪問しました。本当に久しぶりの再会で喜ばれ、逆にこちらが激励されました。アエラの8月27日号に金城さん個人の大特集が組まれており、1冊いただきました。次いで17時前に、うるま市選挙区で県議補選をたたかっている最中の山内スエコ候補の選挙事務所に寄り、激励しました。

金城幸子さん
山内候補の選挙事務所で

そこから豊見城市まで走り、玉木デニー知事候補と山川仁市長選予定候補の合同の総決起大会会場に駆け付けました。控室で暫く待つうちに、次第に弁士も聴衆も集まり、19時に開会となって、聴衆席で皆さんの訴えを聞きました。山川予定候補や経済界から一貫して玉城選挙の先頭に立っている呉屋守將さんをはじめ、後援会幹部の皆さんや有田芳生さんら各支援政党の代表が壇上に勢揃いして順次話を進める中、玉城候補の入場となりました。その直前に、私は会場入り口でご挨拶をし、激励しました。玉城候補の挨拶は、15分ほど終始緩むことなく、地域の経済政策も平和や基地のこともきちんと触れ、立派で力がこもっていて、訴える力に溢れていました。挨拶の最後に私の紹介までしてくれ握手もさせていただきました。すべての弁士の話が終わった後に、全員で手を繋いで頑張ろう三唱をしました。私の隣席が、学生時代以来の親友の平田辰一郎君のお嬢さんで、びっくりしました。その後、21時ころにホテルについて夕食に出ました。

山川予定候補と
頑張ろう!