9月2日、池田君・中川さん結婚披露宴

新郎新婦と

11時過ぎに妻と出て、新郎の池田信哉君と新婦の中川雅子さんのご結婚披露宴会場に向かいました。11時40分ころに着いて控室で伊原木隆太岡山県知事らと懇談するうち、案内があって会場に入り、12時から3時間半ほど、200人近くご参加の大変に盛大で愉快な宴に夫婦で出席しました。

新郎は熊本県出身で岡山県内で農産物の流通に携わっています。新婦は岡山県出身で岡山市東区を選挙区とする2期目の県会議員で、もとは民主党公認でしたが、現在は政党は無所属、議会内会派は民主県民クラブに所属し、今や県内を席巻する「うらじゃ踊り」の創設に関わり、文化芸術活動など広く県内全域にわたって活動しています。県議会議員は、自民党、公明党から共産党まで、党派を問わず大勢がご出席でした。

勇壮な天領太鼓で開会となり、まず司会者からお二人の紹介があり、新郎の関係で呉竹会の頭山興助会長、新婦の関係で伊原木知事と大森雅夫岡山市長が祝辞を述べ、ケーキカットならぬ酒樽の鏡開きで景気を付け、乾杯から賑やかな祝宴となりました。途中で和服に角隠しの新婦がご母堂にエスコートされてお色直しとなり、後半は純白のウェディングドレスとなりました。

新郎新婦席
知事、市長も
鏡開き
ご母堂とお色直しへ
鳥井県議は家族で

最後に桃太郎からくり博物館の住宅正人館長がうらじゃPR隊の皆さんらと登場し、チクワ笛に加えてレンコン笛まで披露し、賑やかに全員参加のうらじゃ踊りとなりました。私もつい乗せられ、踊り方を知らないのに法被を着せられて参加し、くたくたになりました。そして花束贈呈、お礼の言葉があってお開きとなりました。その後、新郎新婦が会場の別の場所にある旅立ちの鐘を大きく衝き鳴らし、新婦からお礼のご挨拶がありました。現職の女性県議の結婚披露宴は、県議会始まって以来最初だそうで、素晴らしい宴でした。

住宅さんが登場し
私も法被を着て
全員でうらじゃ踊り
お礼のご挨拶
鐘を鳴らして