6月8日、所用、JP労組、日中会館理事会、退任挨拶、帰岡

投稿日:
日中友好会館理事会を終わって

9時半過ぎにチェックアウトをして所用を済ませ、参議院議員会館の難波奨二議員の事務室に顔を出しました。JP労組の増田光儀委員長と来年の参院選に同労組の組織内で立憲民主党から立候補を目指している小沢雅仁さんがおられ、本会議が閉会となって戻ってきた難波議員も合流し、暫時懇談しました。

JP労組の増田委員長と小沢さん
難波議員と小沢さん

その後、昼食を食べに議員会館地下食堂に降りると、売店で岡山ゆかりのお土産を見つけました。

岡山ゆかりのお土産

14時前に日中友好会館会議室に入ってしばらく懇談するうち、10人の理事と2人の監事が、さらに職員幹部も含め全員が揃って、14時に理事会が開会となりました。荒井克之理事長が議長役を務め、定足数確認などをして議事に入り、昨年度の事業報告と計算書類の説明があって挙手採決で承認と決まりました。さらに理事等選任手続き、評議員会提出の次期理事候補、定時評議員会招集につき挙手採決で承認と決まり、代表理事の職務執行等の報告があって、15時過ぎに終了となりました。

日中会館理事会全景
挙手採決

そこで、月末の評議員会で次期理事が決定されると同時に私の理事と会長の任期が終了するので、荒井理事長に促され、私がちょっと早い退任の挨拶をしました。参議院議長の最終盤に理事に選任され、議長退任直後に会長に就任してほぼ8年にわたり、公益法人となって法令順守などが強く求められる中、日中関係の実務経験のない私を支えていただいたことに感謝し、世界が歴史的な大転換に直面しそうな今、日中間の民間交流に携わる会館がさらに大きく重要な役割を果たすよう期待を表明しました。さらに宮本雄二副会長から身に余る謝辞もいただき、みんなで記念写真を撮りました。

ちょっと早い退任挨拶
宮本副会長より
記念写真

その後、東京駅に直行し、16時過ぎの新幹線で帰岡しました。道中、次第に空模様が怪しくなり、梅雨らしくなりました。