「北京大学経済学院孫院長講演会」挨拶を掲載しました

投稿日:

本日は、土曜日の朝早い時間に皆さんご参集下さいまして有り難うございます。
さて日中平和友好条約締結40周年を迎える本年、亜洲友好協会も本年で丁度20年を迎えるこ
ととなります。当協会は設立当初は各地域の大学と連携し、日本に留学する中国人学生の為の活
動をしていましたが、近年は、日中両国間で活躍する大学および学生の交流活動を活性化させつ
つあります。

私は、亜洲友好協会の徐理事長とは、協会設立前からの長いお付き合いで、彼が率いる愛華訪中
団にも第1回から団長として何度も参加してきました。日中の架け橋の若手と言えば「徐迪旻さ
ん」と言われるくらいの勢いで頑張っていたので、彼が留学生の時からでしょうか、長く応援を
しています。そこで一昨年、請われて亜洲友好協会の会長に就任し、彼の活動を補助して来まし
た。昨年は魯迅の故郷の紹興の紹興文理学院や上海の上海外国語大学で、徐さんとともに「時空
を超えた魯迅と夏目漱石の対話フォーラム」を行い、上海にある亜洲友好協会の雲間美術館で揮
毫も行いました。亜洲友好協会は近年、各界に精通した皆様にも新たに理事に就任頂き、今まで
に増して活動を広げる体制を固めつつあります。

ところで、私は第27代参議院議長として、習近平主席(当時は副主席)や温家宝首相とお会い
する機会を得てきました。今月上旬にも李克強首相が来日され歓迎会を行いましたが、日中戦略
互恵関係の行き先が確実に明るくなってきているとの感触を得ています。本日は李首相来日から
2週間を置いて、北京大学経済学院の孫院長が来日されました。孫院長は北京大学で李克強首相
と同級生だそうです。また北京大学の教授として、数多くの中国の政界、財界の幹部となってい
る方々を指導してきているとうかがっております。現在も、経済・金融政策の専門家として、中
国政府の政策にも関わっている、大変重要な立場にある方です。

今日は、孫院長に「新型グローバル化を推進し日中経済貿易関係を更に発展させる」と題して、
今後の新しい日中間の関係性をテーマにご講演頂きますが、今までにない新たな切り口での提言
を楽しみに拝聴いたしたいと思います。

今回の企画が、日中両国の民間レベルでの信頼醸成に役に立つことをお約束して、私のご挨拶
とさせていただきます。本日は本当にありがとうございました。

2018年5月26日