1月23日、難波さん、名執専務、川幅うどん、議員会館s、記者、憂楽会、帰岡

投稿日:
憂楽会で乾杯!

都内のホテルで目を覚ますと、空は快晴ですが、地上は昨日からの雪に埋もれていました。

ホテルの窓から見た雪

9時半前に出て、地下鉄を乗り継いで、10時過ぎに参議院議員会館の難波奨二さんの事務所に着き、在室だった難波さんと暫時懇談しました。10時過ぎから1時間弱、日本鳥類保護連盟の名執芳博専務理事と意見交換しました。役員の高齢化が進み、さらに私が会長となっている「愛鳥百人委員会」の運営も再構築しなければならず、課題山積です。

難波さん
名執専務理事

その後、昼食に議員会館地下の食堂で「川幅うどん」を食べ、衆参の議員会館内を歩いてみました。民進党の皆さん、立憲民主党の皆さんなど、思いも掛けず多くの人々と言葉を交わすことができました。15時半ころ、難波事務所でデスクワークをしていると、丸川珠代さんが来られました。参議院予算委員会で、難波さんが野党の、丸川さんが与党の、それぞれ次席理事となるそうで、ご挨拶というわけです。国会運営に意思疎通は何より大切です。

川幅うどん
丸川予算委理事と

16時からテレビの記者さんが来て、40分強、意見や情報の交換をしました。その後、17時前に出て地下鉄で、憂楽会の会場に出掛けました。大学時代の友人らの会で、17時半から開会となり、野田毅さんを講師として予算や財政、法整備などの話を聞き、さらに賑やかに意見交換をしました。19時半に中座して地下鉄で東京駅に移動し、20時過ぎの新幹線で帰岡しました。

乾杯!
発言