1月3日、朝日高書道部書初め、同OB会、髙橋県議ら

投稿日:
書初め

母校の岡山朝日高校書道部の書初めが10時から行われ、11時前に駆け付けました。現役生のほかに卒業生らが大勢詰めかけていました。私が1960年卒の第9代主将で、例年通り第2代の大崎さん、第6代の山崎さんもおられましたが、いつもの第8代主将の曽我英二さんが昨秋急逝され、参加者全員が寂しさを感じていました。順次全紙に挑んで行き、私は「生命」と大きく揮毫しました。さらに一言挨拶をし、12時過ぎに参加者全員で記念写真を撮って散会しました。

書初め全景
記念写真

13時から場所を移して、同校書道部卒業生の会に出席しました。大崎さん、山崎さんのほか、第8代の小倉實・富子ご夫妻、第9代の片岡信子さんと金川明子さんら23人が出席で、まず曽我さんを偲んで黙祷をした後、大崎さんの音頭で乾杯して懇談に移り、全員が近況報告をしました。やはり曽我さんの思い出が多くの人から語られました。現在の同校書道担当の後神直子教諭が締めの挨拶をされた後、15時半過ぎに全員で記念写真を撮り、散会しました。

曽我さんに黙祷
全景
私の挨拶
大崎、山崎、小倉さんら
記念写真

帰宅して一息入れたところに、17時ころに髙橋徹県議と高橋雄大市議が年始の挨拶に来られました。元気に正月早々から活動しており、激励しました。

髙橋県議と高橋市議