12月4日、日展、帰岡

投稿日:
国立新美術館で

11時前にチェックアウトして、妻とともに東京駅に荷物を預けて国立新美術館に行き、ご案内いただいていた日展を鑑賞しました。改組して第4回となります。まず3階の書道の部に行くと、道文会の小野玲華さんは仮名の巻物で「山ふかみ」、高木聖雨さんは墨痕鮮やかに「乗機」。篆刻の師村妙石さんは「無法にして而も有法」と、皆さん元気いっぱいでした。

次に2階に降りて、洋画を拝見。石田宗之さんはいつもの愛らしい乙女の「遊於樹下世界」、河内八重子さんも埴輪の「祭司のいる棚」、寺坂公雄顧問の木立は「山麓冬木立」でした。彫刻も意欲的な作品が無数に並び、日本画や工芸美術も興味をそそられました。見逃した作品もたくさんあったと思います。

石田宗之さん
河内八重子さん
寺坂公雄顧問

13時半に妻と別れて、私は東京駅に戻って昼食に「九州の豚汁セット」をいただきました。おいしかったです。15時前の新幹線で帰岡し、19時前に岡山駅で妻と落ち合い駅構内で一緒に夕食を取って、21時前に帰宅しました。

九州の豚汁セット