10月17日、選挙応援(山花街宣、菅演説会)、矢野さんお別れ会、関弁連講演

矢野さんお別れの会

8時過ぎにホテルを出て地下鉄や私鉄を乗り継ぎ、9時過ぎに京王線調布駅に着き、朝食は駅構内のコンビニでおにぎりとサラダを買って、店内で掻き込みました。そこに迎えに来ていただき、9時半から2時間、東京22区の山花郁夫さんの街宣に同行しました。その間はずっと雨で、初めは無防備でしたが、途中から雨合羽を借りて羽織りました。住宅街や商店街で数か所、スポット演説をし、大きなご支援をいただきました。山花さんは民主党時代に、憲法提言を取りまとめるなどの仕事を一緒にしてきた仲間です。

コンビニで朝食
山花候補街宣

次に私鉄と地下鉄を乗り継いで麹町に着き、13時から15時過ぎまで、私の父、江田三郎の秘書として長く父を裏方で支え、その後に私の政治活動のスタートの数年を支えてくれた矢野凱也さんのお別れの会に出席しました。昨年10月に92歳で他界され、今年4月には鎌倉霊園の墓参をしました。私は発起人代表で、加藤宣幸さんが実行委員長、山田高さんが事務局を務めてくれ、献花の後に開会して山田さんが開会挨拶をし、黙祷をして私ほか数人が挨拶をし、渡辺文学さんの音頭で献杯をして懇談となり、全員が思い出を語り記念写真を撮って散会しました。

矢野さんの遺影に献花
お別れの会全景
私の挨拶
加藤実行委員長の挨拶

さらに地下鉄で有楽町まで行き、16時前から1時間ほど喫茶店で資料に目を通して構想を練り、17時から1時間半強、関東弁護士会連合会の地域司法計画充実推進委員会の勉強会に出席しました。開会後、まず1時間ほど私が講演して、法曹を志した経過から英国留学、司法制度改革の経過と評価、地域司法の在り方などに付き話をし、30分ほど質問に答えました。懇親会にも出席予定でしたが、総選挙応援のために話を打ち切ってそそくさとお別れしてしまいました。

関弁連で講演

また地下鉄と私鉄を乗り継いで、19時半過ぎに府中に着き、東京18区の菅直人候補の個人演説会に出席しました。会場に着くと藤井裕久さんも来てくれていて、まず藤井さんが10分ほど話をして安倍政権の間違いを鋭く指摘し、私がさらに10分弱、安倍政治の独善振りを指摘して、菅候補への支援を訴えました。そこで菅候補に引き継ぎ、中座して私鉄と地下鉄を乗り継いで、新宿で夕食を掻き込んで、22時にやっと宿泊のホテルに到着しました。強行軍の一日でした。

藤井さんも駆けつけ
私の挨拶
菅候補が決意表明