10月13日、電話協議、高井候補演説会(街頭、会場)

おかやまいっぽんの皆さんと

午前中は自宅で、電話連絡やデスクワークをし、12時前に出て法律事務所に行き、そのまま岡山駅西口に行きました。13時前に着くと、既に岡山1区の高井崇志候補が選挙カーでスポット演説をしているところで、法政大学の山口二郎教授も駆けつけてくれていました。この選挙区では山口教授のご支援もあって、市民の自発的運動体である「おかやまいっぽん」が高井候補と協議を重ねて政策合意をし、これを受けて共産党は既に決定していた公認候補を取り下げて、社民党などとともに高井候補推薦を決定し、立憲野党の候補者一本化が成立したのです。高井候補が13時まで話し、大勢の聴衆と握手をした後に拍手に送られて、そのまま候補者カーで流し街宣のために街に飛び出して行きました。

高井候補の挨拶

13時から、高原俊彦県議の司会で、山口教授が10分程度応援演説をし、安倍政治の危険性を鋭く指摘して、目下の急務はこれに歯止めをかけることだと強調されました。その後、「おかやまいっぽん」の宮本龍門さんから始めて各党やグループの代表から応援挨拶をいただき、最後に私が締めくくりで安倍政治に退場を求めるために高井候補への支援をお願いして、14時前に閉会としました。小雨にもかかわらず、大勢の皆さんが最後まで緊張して聞いてくれました。その後、法律事務所に戻り、夕方までデスクワークをしました。

宮本さんの挨拶
私が締めくくり挨拶
聴衆の皆さん

18時15分頃に出て、19時開会の高井候補の個人演説会場に向かいました。労働組合の人たちが総力を挙げて集まっており、連合岡山の金澤稔会長に続いて川田龍平参議院議員が応援演説をし、高井候補の国会活動の動画が流れた後に高井候補が拍手に迎えられて登場し、20分強、声を振り絞って必死の決意表明と支援要請をしました。最後に全員で頑張ろう三唱をしました。

川田龍平さん
私も紹介され
高井候補の必死のお願い
頑張ろう三唱