8月18日、広州視察(新城地区、買い物、南越王博物館)、帰国

南越王博物館で

8時前に起床して窓の外を見ると、天候は回復し、珠江の景色は絶景でした。しかし、暑くなりそうです、荷物を片付けて目の前で作ってくれる麺で朝食を取り、9時にチェックアウトをして広州市内の見学に出ました。

晴れた珠江
朝食は麺

まず、改革開放以後に新しく開発された新城地区を車上から見て回りました。広州経済を牽引してきた地区で、テレビ塔の広州タワーは、長く世界一でしたが、東京スカイツリーに抜かれたそうです。ここでも街角では、シェア自転車が盛んでした。

新城新区
シェア自転車

10時から30分弱、ショッピングモールで簡単な買い物をしました。11時前から1時間ほど、西漢南越王博物館を見学しました。2000年ほど前にこの地域を治めていた王の墓陵で、盗掘などの被害なく1983年に発見され、膨大な数の古代文化遺産が発掘されました。

最先端のショッピングモール
遺跡
墓陵内
遺物展示

12時前から1時間弱、今回の訪中で最後の昼食をいただきました。飲茶で満腹になり、14時過ぎの便で帰国の旅に出ました。機内食も平らげ、4時間弱の飛行と1時間の時差で、19時半前に羽田国際空港に着き、難波さんと一緒に都心に戻りました。

最後の昼食