8月14日、羽田へ、北京へ、居庸関、対外友協夕食会

居庸関で

6時半前にホテルを出て、JR在来線とモノレールで羽田空港に着きました。小雨が上がったところで、助かりました。暫く待ってチェックイン手続きに向かい、難波奨二さんら今回の旅の全員が揃いました。9時過ぎの便で北京に向かい、さらに桂林と広州を回って、18日に帰国します。フェイスブックは、しばらくお休みとなりますが、ウェブサイトは利用可能と思います。

難波訪中団一行

予定通り9時半前にゲートを離れ、順調に3時間強の飛行と1時間の時差で、現地時間の12時過ぎに北京国際空港に着陸しました。中日友好協会の王占起副秘書長らに迎えられて、暫く貴賓室で待機しながら夕食会までの行動を相談し、万里の長城に出掛けることにしました。13時に出て1時間で居庸関に着きました。私は先日来たばかりなので、入口だけで待機をし、1時間弱の観光を楽しみました。大勢の人並の中に賑やかな中年女性観光客の一団がおり、聞きなれない言葉だったので尋ねると、ベトナムからとのこと。遠くには八達嶺の人並も見えました。

北京空港で
しばらく歩いて
賑やかなベトナムの女性たち
落書きがいっぱい

中国はこれから一帯一路構想、長江一帯発展、北京・天津・河北省の連携を目指し、北京市は構造改革、北京等連携、産業分散を目指すとの説明がありました。

15時に出て、比較的スムーズに北京中心部に入り、16時半前にホテルにチェックインしました。その後、若干のデスクワークをして、18時から、中国人民対外友好協会の宋敬武副会長らとの夕食会となりました。宋副会長の挨拶に続いて私が挨拶をして難波さんを紹介し、乾杯をして懇談となりました。国際情勢の見方、日中関係の今後など、話題は豊富であっという間に2時間が過ぎました。その後、車中から天安門人場などを見て回り、21時ころにホテルに戻って、さらに二次会で盛り上がりました。

夕食会全景
難波さんの音頭で乾杯
記念写真
二次会