7月12日、電話期日、政治談議、閉店セール、責任能力

投稿日:
政治談議

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時前に自宅を出て法律事務所に入り、10時半から30分弱、受任民事事件の電話期日を行いました。事件の係属する裁判所の電話で、裁判官、裁判所に出席している相手方代理人弁護士と当方代理人の私とが、期日の手続きを行うものです。初めての経験で、出席者の顔が見えないのは不安ですが、みなプロなので、スムーズに進んだと思います。その後、若干のデスクワークをして、昼食を取りました。

 

電話期日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時から2時間ほど、事務所の会議室で、これまで民進党関係の各選挙などをボランティアで手伝ってくれた女性の皆さんと、現在の政治状況や民進党のあるべき姿につき意見交換しました。皆、極めて熱心で建設的な意見を聞かせてくれました。

15時半ころから30分ほど、妻とともに、岡山市中心部の商店街の衣料品店を訪ねました。若者向けの流行最先端の品物を扱っていましたが、今週いっぱいで閉店となります。

 

閉店セール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、17時半から2時間強、岡山弁護士会館で、刑事弁護実務研究会に出席しました。責任能力が争いになった裁判員裁判の事例報告で、罪名は窃盗、威力業務妨害、傷害、殺人未遂、公務執行妨害と銃砲刀剣類所持等取締法違反と多数ですが、コンビニで行われた短時間の一連の行為の流れで、弁護人の積極的な活動で、心神喪失で責任能力がなく無罪という結論になり、控訴もありませんでした。もち論、心神喪失者等医療観察法に基づく措置は取られ、刑事事件とは異なる重い課題が残っています。裁判員裁判のもとでの、多くの関係者の熱心で真面目な努力に、敬服しました。