6月28日、イタ飯、中島さんら、眼鏡、番町文庫

投稿日:
郊外のイタ飯屋で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時前に妻と出て、岡山市東区のイタリア料理屋さんに行き、知人とゆっくりと美味しいお料理をいただきながら懇談しました。一級河川の吉井川にかかる永安橋を渡ったところで、こんなに洒落たお店があるとは知りませんでした。10数人の客のうち、男性は2人でした。

 

イタ飯屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時前に私だけ切り離して、13時半に法律事務所に入りました。お約束の中島守明さんらがお待ちで、30分強、人権関係の取り組みなどにつきお話を伺いました。治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の役員をしておられます。その後、17時ころまでデスクワークをしました。

 

中島さんら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅に戻る途中で所用を済ます際、うっかり眼鏡をドアの隙間から落としたのに気が付かず、18時過ぎに妻と再び出る途中で立ち寄って見ると、眼鏡は見つかったのですが無残な姿になっていました。18時半ころに番町文庫に着き、妻とともに夕食を済ませました。妻はその後に中国語教室で、私は自宅に戻ってデスクワークをしました。

無残な眼鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番町文庫