4月19日、上京、郡司副議長、掲額式、鍋

投稿日:
掲額式ー職員の皆さんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時半に妻とともに出て所用を済ませて岡山駅に行き、10時半前の新幹線で一緒に上京しました。備前平野は春を過ぎて初夏の風情で、農作業が始まっており、吉井川の土手も緑一色でした。13時ころには、車窓から見事な富士が見えました。

備前平野の春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の富士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14時前に東京駅に着き、ホテルにチェックインして参議院に向かい、15時前から、郷原事務総長に続いて、郡司彰副議長をお訪ねしました。肖像画を描いていただいた石田宗之さんも岡山から来られ、全国江田五月会の江橋崇会長、地元の江田五月会の河原昭文会長をはじめ、当時の秘書連中も顔を出してくれ、暫時懇談しました。

郡司副議長と懇談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15時半から第3委員会室で、私の議長時代の肖像画の掲額式に出席しました。歴代事務総長、秘書課の職員の皆さん、各会派代表の皆さんのほか、菅直人さんや私の歴代秘書の皆さんらが大勢お集まりくださり、グループ別に記念写真を撮った後に、職員により掲額が行われ、私がお礼の挨拶をしました。さらに妻と石田さんが一言ずつ挨拶して、閉会となりました。この部屋は松野鶴平さん以後の歴代議長の肖像画が並び、私の前が扇千景さん、後が西岡武夫さん、平田健二さんと続いています。終了後、参議院議員会館の難波奨二さんの部屋で一息入れさせていただきました。

掲額式へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石田宗之さんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴代事務総長と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秘書の皆さんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江橋、河原両後援会長と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お礼の挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲額を終わって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17時前に出て、17時半から2時間半ほど、旧知の皆さんと下町で鍋を囲み、超満腹になりました。

鍋を囲んで