4月14日、ドウダン、家族写真、受任事件、天神山、取材

投稿日:
金婚記念

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時半ころ、自宅を出る際に庭を見ると、春はますます盛りとなり、ドウダンは花が終わりかけ、カラタチの花が開き始めていました。チョウジガマズミは、背丈が少し小さくなったようでした。足元には、外来種のタンポポが華やかな黄色で光っていました。12時過ぎに法律事務所に入って取りあえずの用件を済ませ、昼食にうどんを掻きこんで、13時に写真館に飛び込みました。

庭のドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同チョウジガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同カラタチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同タンポポ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日がももちゃんの入学式、今日が一生君の入園式なので、家族写真を取ろうということになり、13時からおめかしした「お写真」となりました。なかなかテンポが合わずに苦労しましたが、写真屋さんのプロの腕で、良い写真が撮れました。便乗して私たちの金婚写真も撮っていただきました。

金婚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、大慌てで法律事務所に戻り、14時から2時間ほど、所長の剛弁護士と司法修習生と私とで、民事事件の受任のための事情聴取と打ち合わせをしました。要件事実的には簡単な所有権に基づく妨害排除請求ですが、なかなか込み入った事情があり、ゆっくりと反芻してみないと全貌がつかめません。

民事事件打合せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16時半前に、天神山文化プラザに駆け込み、ご案内をいただいていた「グループ・耀」日本画展を鑑賞しました。主宰されている村居正之さんの作品は、藍色が深く吸い込まれるようでした。さらに白玲書道展を拝見しました。井上玲玉会長とお弟子さんたちのかな作品で、高木聖鶴先生の小品が異彩を放っていました。17時に法律事務所に戻り、17時半から1時間ほど、加計学園に付き取材を受けました。忙しい一日でした。

「グループ・耀」日本画展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白玲書道会展