3月12日、上京、民進党大会

投稿日:
中国大使館からも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時からの民進党全国大会に出席するため、9時前の新幹線で上京しました。快晴の岡山駅前には、桃太郎像の周辺に大勢の若者たちが集合していました。世界中で若者たちを中心に政治に関わる緊張した行動が繰り広げられる中で、日本の若者は何だかのんびりと楽しそうです。しかし日本も、世界と切り離して動くわけではありません。

岡山駅前の桃太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時半前に東京駅に着き、党大会の会場に駆け付けると、大勢の参加者で一杯で、各国の大使館員の皆さんも傍聴に駆け付けていました。民進党になり、蓮舫代表となって、初めての大会です。13時に開会し、議長に菊田真紀子さんと足立信也さんを選び、東日本大震災の犠牲者に黙祷を捧げ、綱領を斉唱し、長浜博行さんが大会実行委員長挨拶をした後に来賓挨拶に入り、先ず連合の神津里季生会長が「世界に拡がる分断と対立を超えるヴィジョンを作ってください。私たちにとっては、民進党しかありません。」と激励挨拶をしました。次の慶応大学の井手英策教授は「研究者の立場を捨てて民進党に託す決断をしました。弱者が弱者を差別し苛める社会を変えるパラダイムシフトに取り組んで下さい。」と強烈な檄を飛ばされました。さらにNPOの渡辺由美子理事長が子どもの貧困のみじめな現実を訴え、アイルランドのアン・バリントン大使がジェンダー・バランスにつき数字を挙げて奮起を促しました。

神津連合会長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井手慶応大教授

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて蓮舫代表が挨拶に立ち、民進党が必ずもう一つの選択肢になるよう、岡山県真庭市のバイオマスの取り組みを紹介し、原発ゼロ、働き方改革、男女共同参画などに付き方向を示し、全党に都議選と総選挙への全力投球を求め、「一人で見る夢は夢に過ぎないが、みんなで見る夢は現実になる」というオノ‣ヨーコの言葉を引いて、決意表明を締めくくりました。さらに野田佳彦幹事長から議案の報告と提案があり、全員の拍手で採択した後、地方議員表彰があり、蓮舫代表の音頭で全員で「頑張ろう!」を三唱し、14時40分に閉会となりました。その後、地下鉄で移動してホテルにチェックインし、テレビで横綱が次々と敗れる大相撲中継を見ながら、一休みしました。

蓮舫代表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ろう!